設計事務所と進めるお家づくりは面白い

設計事務所と進めるお家づくりは面白い

新潟の設計事務所とつくる 神奈川の 杉板で小さなおうち

土地を見に行くと。。

暖かい日や寒い日が入り混じりです

季節の変わり目、ということでしょうか?

 

先日は18時頃で車の外気温18℃ありました(@_@)

日が暮れるのも遅くなりつつありますね

****************

 

週末は散歩がてら、私たちの土地を見に行くことが多いです

 

隣地はハウスメーカーが建売を建築中ですが、

今日みたところ、足場がすでに解体されていました

 

足場が解体されると、主に外構工事をして完成、となるのですかね?

 

隣地は私たちが土地購入を検討していたころは空き家でした

廃屋とまではいかないものの、住めない感じの空き家だったので、空き家が隣地となる土地の購入となるため、土地購入時は少し迷いました。。

 

私たちが土地購入して しばらく後、ハウスメーカーが隣地を購入したようで

→去年11月ごろに空き家解体

→建築

→今年の2月末時点で足場解体まで進んでいる

 

やっぱり建売業者のスピード早いですね

 

おかげで、窓が干渉しないよう等、私たちの設計にメリットが多くなり、かえって助かりました

建売業者というのもあってか、相手の窓や高さなどの情報が頂けたので私たちの設計がやりやすかった

図面や建売の実際を見ると、エスネルデザインさんが建売との干渉をうまく検討してくれているのが良くわかります^^

 

だんだん暖かくなるのは良いのですが、私たちの土地の雑草管理のことを考えると(+o+)となるのでした

f:id:f-island:20210228233748j:plain

 

雑談【○○の三大技術】

先日、自身の仕事関係の業界紙を読んでいました

 

バタバタしてると なかなか読む機会も取りにくく、たまりがちになるのですが

時間があるときや、息抜き・情報収集・勉強のため コツコツ読んでいます

 

そのなかで興味を引いたというか、面白かった記事

 

【今考える 水道の三大技術】

というものでした

 

新年のお楽しみ企画として、

業界のけっこう役職の高い方々(技術系)にアンケートととして、

「今考える水道の三大技術」 と題し、水道の課題解決に貢献した三大技術を挙げてもらうもの

 

で、そのアンケート結果に、「面白いな」と思ったのですが、

 ほとんどの方が、三大技術のひとつに「耐震管」と答えていました

 

昔の水道管は素材自体の強度や経年劣化で漏水、地震による損傷・管が抜けてしまう、も起きやすかったですが、今の時代は「耐震で100年はもつ水道管」というのもあります

 

www.sekisui.co.jp

東京都の水道耐震化

https://www.waterworks.metro.tokyo.lg.jp/files/items/20620/File/suidoukanro10.pdf

f:id:f-island:20210218231951j:plain


 

動画のご紹介 | 製品・技術 | 株式会社クボタ:ダクタイル鉄管

このなかの「クボタ耐震型ダクタイル鉄管 鎖構造管路の特長」の動画が分かりやすい^^;

この管は、素材の剛性だけじゃなく、鎖構造として耐えられるように出来ている

 

比較で 昔の水道管のひとつ↓

f:id:f-island:20210218222702j:plain

f:id:f-island:20210218222745j:plain

管と管をつなぐ隙間の奥に、麻を詰めた後、

鉛を流し入れることで固定したもの(管をつないだもの)、と書いてある

 昔は麻と鉛でつないだ管もあった。。
*****************

 

 

上記であがってるのは、道路に埋設されるような水道本管、といわれるものですが、道路に埋設したものが漏水するとかなり大変

アスファルトやコンクリート下の漏水個所を特定するのも大変

→特定できたとしても、交通規制を敷きながら、そのあと掘削し修理するのも大変

→修理できても、そのあとの通水や濁り水の影響を排水したり、空気が入るので白濁したりで、元通りの水に復旧するまでも大変

 

年末でも千葉で大きな漏水があり、

年の瀬に漏水が判明したが復旧に年明けまでかかる、というもので、ニュースになっていました。。

12/28に判明し、全地区断水解消したのが1/6

 6日間かかった

年末年始の6日間、水が使えない、って けっこうきつい

news.yahoo.co.jpこの千葉の漏水は、昭和49年の水道管とのこと

で、線路を横断するため深く埋めており、埋設深さが7m

 

7mって、2階建てのおうち の基礎から2階天井までの高さをゆうに超える、て感じか

こんな深さに埋められてるものを掘り出すのは大変そう。。

 

こんな修理しにくい場所で、何も 年の瀬に発生しなくても、、、

 と誰もが思った気もするが、災害や故障等は時と場所を選ばず やってくる。。

****************

 

 

おうちもそうですが、道路に埋める水道管とか、長く使うもの・大きく損傷すると大変なものって耐震性が重要ですね

一度 施工したら、ちょっとやそっとで壊れてほしくは無い

多少高くても、耐震で得られるメリットはかなりある

*********

 

 

この「○○の三大技術」、って ほかの業界で考えると面白いかなと

例えば、「住宅建築の課題解決に貢献した三大技術は?」ってのを、工務店さんや設計事務所さんにアンケート取ると面白いかもしれないなと^^

 

 

おまけで、

上記のそのほかアンケートで、水道関係なしに「未来にどのような技術を期待するか?」的なのがありました

・コロナに対してのワクチンや治療法などの技術

温室効果ガスを消失する技術

・気象をコントロールする技術

地震予知

・タイムマシーン(100年後の自身が関わった水道がどのようになったかを見る)

・リフレッシュルーム(入室するだけで疲労や痛みが治癒する健康回復ルーム)

・タケコプターのような自由移動を可能にする技術

 などなど、いろんなことが書いてありました('ω')ノ

 

めちゃくちゃ安くて、めちゃ発電する太陽光パネルとか できたらいいよね

とか思いました(*'▽')

キッチンの選定 【食洗器とともに】

キッチンの選定を進めていますが、相変わらず なかなか難しいですね(;'∀')

以前、少し書きました

キッチンは難しい

 

その後もいろいろ考えたりして、

「キッチンに何を求めるか」は詰まってきました

 

・シンク、ワークトップは人工大理石アクリル系

 シンクとワークトップとの継ぎ目がないのがいい(汚れにくいのがいい)

 

・シンクの家事楽シンクとか、段付きシンクは無くても良い

 無くても料理面で不便は感じない

 むしろ、段がついてないほうが汚れや掃除面で良さそう

 

・引き出し収納中心

 オープンな棚はホコリかぶりそうでイヤ

 ※オーブルデザインさんはオープン棚を勧めており、それぞれですねぇ

 

・ガスコンロでも良いと思っていたが、掃除しやすいので、IHコンロが良さげで、気持ち傾き気味

ガスの五徳は食洗器入れれば洗えるが、IHのフラットな面は魅力的

フラットだとキレイに保とう、という意識も働きやすそう

ほかIHの魅力として、換気扇が汚れにくい。というのがあります

実家はIHなのですが、揚げ物しない派とはいえ、驚くらい汚れていなかった

 グリルはいらないけど、グリルレスのコンロは少ない

 

・食洗器は付ける

 食洗機の良いところで、光熱水費の削減にも影響するって面があります

 (水道代が徐々に上がっていくのは確定的な時代ですからねぇ)

 

・天板以外は汚れが飛んでも拭きやすい、汚れが残らないものが良い

 

などなど、妻の希望ですが、求めるものは詰まってきた

うちの妻は とにかく汚れ対応に強いもの、掃除しやすいもの、を求めるってかんじ

************

 

 

実際にどこのメーカーにするか?、ですが、

以前からタカラスタンダードが良いと思っていました('ω')ノ

 

・アクリル系人工大理石を扱っていること

・天板以外がホーローなので、汚れ関係に強い

 これが強みで いいな、と思っていた

 

先日、細かい金額把握のためにも再度タカラのショールームに行ったのですが、

ひとつ問題なのが、

 ◆ミーレの食洗器が取り付けできるかが微妙なこと

 

聞くと、

工務店が決まってから、工務店とタカラの担当者で話していく、とか

最上級のレミューじゃないと付けられない、とか

60cmや45cm食洗器ごとで、うんぬんかんぬん、とか

 

なんやかんや制約がつき、すんなり、って感じではないので、私たち二人ともちょっと引いてしまいました(;'∀')

 

要は、「明確に付けられる」と言わないメーカに対して、「つけて」とか「ネットではつけている人もいた」とか交渉していくのは先の労力とか不確定さで疲れるだろうなぁと、思いました(+o+)

 

床下エアコンや杉板外壁に積極的ではない工務店さんや設計事務所さんに、「床下エアコンにして」「杉板外壁にして」とアタックしているのと同じな気がしました

 あまり良くない感じになる気がしました。。

 

それにしても、マイナーメーカーなら未だしも、海外食洗器No.1のミーレが付けられる、付けられない、で すったもんだも面倒ですねぇ。ふぅ('◇')

 

別に食洗器はミーレではなくても良いのですが、さまざまなネットの評判、エスネルデザインさん建て主さんブログでの評判などで、ミーレは絶賛されているのもあり、気になります(;'∀')

 

ミーレ食洗器が良くなかった、って評判は見たことが無い。。

国内食洗器は良い、悪い、さまざまな書き方がされている

 

どうせ食洗器を付けるなら金額は、、、だけどミーレまで引き上げて付けたほうが良いんじゃないか、と気持ち傾いています

 

妻は卓上食洗器でもいいんじゃないか、とか言ってもいましたが、、

ミーレの良いところは20年使用を想定した部品在庫体制とも思います

 

タカラショールームパナソニックの60cm食洗器を見ましたが、ネットのミーレと比べると収納少ないなぁ、って印象でした('ω')

同じ幅60cmでも、海外食洗器は天板寸前まで高さをとっている等で、国内メーカと収納差が出る感じ

私たちは3人家族なので、枚数入れられなくても問題ないかもですが、使ったことないので大きい、小さい感がわからないが、大は小を兼ねる感もよぎります。。

ミーレだと、3食分の食器を一度で洗うのも可能、とか聞きますが、使ったことないので、そんな使い方が便利そうだけど、わかるようでわからない面もあり、、

 *******************

 

 

とまあいろいろですが、ミーレ優先すると、

ミーレ ウェルカムなウッドワンが選択肢に上がりました^^;

ウッドワンはミーレ付けた状態で販売できます、って感じで話が早そう

 こういうメーカは少ない気がする

 

ひとまず、ウッドワンを見に行くか、ってことになりました

 

良く見ると、ウッドワンでもアクリル系人工大理石を扱っている

天板以外は木材系のウリなので、妻は汚れを気にしているが、その辺は見に行って聞いたり確認すればいいかなと

 

ホーロー優先なのか、ミーレ優先なのか等でいろいろ変わります

キッチンは相変わらずムズカシス。。です

金額も金額なので、確実にお金がよぎります。。。(>_<)

 

とはいえ、キッチンは妻のメインでもあるので、金額は気にせず望みの品質、機能なものを選べばいいかな、とか思ってきました


「食洗器つける」が確定なら、良いもの付けたら、って感じです

そのほうが後悔が少ないんじゃないかと(*_*;

金額の工面は、他の水まわりでバランスとったり、私と設計事務所さんで頑張ればいいかな(笑)

 

 

おまけで、

海外食洗器もいろいろありますが、ASKOってのを最近始めて知りました

f:id:f-island:20210214231230j:plain

 

間取り【水まわり(浴室、洗面)】

間取り図面を全面的に公開するのは躊躇しますが、

水まわり(浴室、洗面)の部分を載せてみます^^;

 

エスネルデザインさんが初回でプランしてくれた浴室、洗面まわり^^

 延床:26.3坪でのプラン

f:id:f-island:20210214173614j:plain


上記の図面中、収納箇所に色づけしてくれたもの ↓

f:id:f-island:20210214173658j:plain

 

エスネルデザインさんの参考HP

 マルチWIC - 住宅設計エスネルデザイン

********************

 

 

参考というか、比較のためというか、

大手ハウスメーカーでプランしてもらった図面内の浴室、洗面まわり

 延床:約28坪での 1Fリビングおよび、2Fリビングでのプラン

 ※上記とは別の土地でのものです

f:id:f-island:20210214174552j:plain

f:id:f-island:20210214174607j:plain

これは衣類乾燥機なし なので、比較は難しいですが、上記とは かなり違います

 

*******************

 

 

私たちは、キッチン以外の水まわりは1Fに、個室も1F

 2Fはキッチン+リビングのみ

  を希望していました('ω')

 

浴室は1坪浴室にしました

洗い場は小さくても良いですが、足を延ばして入りたかったので1坪になるかなと

 

「個室は最低限、水まわり・2Fリビングにゆとりを めいいっぱい振る 」

って感じで、エスネルデザインさんが進めて下さっています

これはエスネルさんの自邸コンセプトと同じです^^


小さいおうち なので あれもこれも大きく・広く、はできない。。

そのなかで個室・水まわり・LDKに平均的に割り振る、ってのもあるかもですが、

小さなおうち の場合、どこかを最低限、そのぶん ほかをめいいっぱい豊かに、、ってのはアリかなと

 メリハリが効いて締まるメリットはあると思います

 

間取りは好みや、合う合わない、それぞれの住まい方、家族構成や年齢層、土地などにもよるので いろいろありますよね(*'▽')

****************

 

 

浴室、洗面の おまけで、

最近、yutube動画を良く見るようになった、というか暇つぶし?によく見ています(@_@)

以前は動画を見ることは ほとんどなかったんですが、建築系の動画もけっこうあるのを知りました

水まわり間取りで ほぅ、と思ったのが、

www.youtube.comモリシタアットホームさんの動画ですが、
浴室洗面は広くした方が良い、と言っている

これ以外にも モリシタさんは、興味を引くお題でいろいろ動画を載せており、最近は良く見ています。説明の仕方も面白い、わかりやすい^^


しかも丁寧なことに、動画内で説明していることがテキストでほとんど書かれているので、動画全部見なくても把握できてしまう。。(;'∀')

f:id:f-island:20210214190112j:plain

 

おうちの広さって、どれくらいがいいの?【小さな おうち】

おうちづくりをする際、おうちの広さをどれくらいにすればいいのか?、ってのがあると思います

 

一般的だと、4~5人家族で延床30坪、とかが良く言われたりもするかな?

なんとなく30坪(100m2)ってイメージを持ってました

建売だと30坪で売られているのが多いからだと思います

 

少し結論から書くと、設計中ではありますが、

私たちの おうちの延床面積は、26.3坪(86.96m2)

 

依頼しているエスネルデザインさんは「小さな家」を提唱しているので、完成物件も これくらいの延床面積で設計されています

これでも大きい。も少し小さくても良い、くらいに思ってるかも(;'∀')

 

延床26.3坪(86.96m2)だけだとイメージしにくいかもですが、

も少し書くと、

延床26.3坪(3LDK)です

 

さらに も少し詳しく書くと、

延床26.3坪(3LDK+DEN)です
 DENは書斎のことで、こういう呼び方もするそうです

 

さらにさらに も少し詳しく書くと、

延床26.3坪(3LDK+DEN+高基礎による床下収納)です

 

小さい家ながら、書き方で ちょっとボリューム感が出た気がする('ω')

 

***************

 

 

私たちは「おうち欲しい」となって行動を進めた際、

なんとなく金額を掴むことができたのですが、予算の関係で土地+建物30坪ってキビシイな、と感じました

 

そこで「小さい家」を検索し始めました

おうちづくりの何もよくわからない時でしたが、単純に、小さければ建築費がどうにかならないか、、という感じです
「小さい家」で少し打開(おうちづくりを諦めなくてもいいかもとか)や 家に対する考え方 が始まった感もあります

 

行き着くと狭小住宅になるかもですが、狭小住宅は極端なので最終手段的

また、狭小住宅に合うような土地自体が難しい

 ↓の記事でも書きました

「お家づくり」と「車」と「選択肢」② - 設計事務所と進めるお家づくりは面白い

また、狭小住宅までいってしまうと快適性や、得意な設計事務所さんじゃないと、とかの心配もありました

 

 

土地探しで少し地域の土地相場事情を知ると、土地の価格はどうにもならないので、建築費側で少しでもなんとかならないのかなぁ、と思ったりしました

旗竿や変形地(平面や高低)などなら土地価格はグッと安くなりますが、訳ありの土地は様々なデメリットもあり、素人が手を出すのは厳しい

リスクある土地は避けたいので、それなりの地域相場どおりに掛かってしまいます

 

土地で「安くて良い土地」ってほとんどない気がします(*_*;

あったとしても、手に入る確率は ほぼない気もします

安いなりのリスクがかなりついてくるな、安いけど何かあった時に売れない土地を購入してもキビシイな、と思いました

 これが土地探しをしての感想です。。('ω')

 

 

で建築費側に意識がまわるわけですが、、、

 

*********

とまあいろいろですが、

「小さい家」の関係でエスネルデザインさんを知った、というのもありますが、「小さい家」でも問題ない、むしろ種々のメリットも多い、と知りました^^

エスネルデザインさんは、このへんを分かりやすく書いています

 

最近というか、最近なのかは知りませんが、

エスネルデザインさんを知った後ですが、私がお家のことを調べたりすると、30坪未満の家を提示や、むしろ推奨しているのは そこそこありました

 

やりとりした大手ハウスメーカで提示された間取りは、28坪

実際の完成物件も見させてもらったのですが、28坪でした

この物件は、モデルルームとして建築し、しばらくモデルルームとして活用した後に販売する物件とのことでした

展示場のモデルルームは大きい・豪華になりがちなので、最近では28坪に抑えることで質もキープしながら現実的な手に入れやすい価格帯で建築したとのこと
現実的な大きさの実物を見てもらうことで購買・建築意欲に働きかけたい的

 

ほか、神奈川東部の名実のともに有名な工務店さんの冊子では、

「4人家族であれば、27坪で十分、25坪でも快適に過ごせる

無駄なく使いやすいプランであれば4人家族の寝室と必要な他の部屋は収まる

うまくない設計だと35坪でも狭い、ということも起こりえる」

「27坪と35坪では8坪の差があり、建築費400~800万円の差が出てくる

建築費だけでなく、光熱費などのランニングコストも大きくなる」

 

こんな書き方もされていました

最近は必要以上に大きくする必要は無い、と提唱する人も多いんだな、と思いました


一方で、私たちの地域で建売だと、価格を抑えた延床30坪付近が多いですね

広さ的なものを前面にだして価格とともに万人受け?、を出してる感じを受けました

建売の場合、土地+建物の合計で つじつま併せて販売してる感じも

駅近等で土地が高い建売だと、建築面積を小さくして、販売額をそこそこに抑えて販売

土地が高くない場合、延床30坪に調整してる感じ


そのほか、おうちって、小さければ単価が比例的に安くなるわけではないそうですね
手間やキッチン、お風呂などの設備は、家が大きくても小さくても必要で、著しく単価が下がるわけではないし

知っ得坪単価レッスン4・5・6 家の大きさ・メーカーによって変わる | 住まいのお役立ち記事

でも光熱費や修繕費は安くなるでしょうね

 

なんだか広さから、建築費の話にも派生した気もしますが、

断熱や耐震性のグレード(後から変えようがない構造)を落とすことで建築費を安くするのではなく、面積小さくすることで質も確保しながらの現実味の出てくる おうちづくりもあるかなと

建物の質の安かろう、は手に入りやすいかもですが、将来コスト等で良くないことに繋がります

むしろ、質の良い初期投資した家と比べると、経年でトータルコストは逆転してしまうことも多いはず

 快適性も逆転してるかも。。

 

 

 

おうちの広さは、

それぞれが求めるもの、暮らし方、家族構成などにもよるので、一概には言えないですが、、

広さ大きさ は設計が上手ければなんとかなる、と感じました

 

実際に私たちの間取りもお見せしたいのですが、何から何まで公開するのも躊躇しています(;'∀')
以前、載せたゾーニング図を再度のせときます

土地約120m2に対し、延床26.3坪だと、こんな感じです

f:id:f-island:20210213215851j:plain



 

なので、今回はこんな感じの話や図面までで、、

 

 

 

********

おまけで、

「今見るべき新潟の家100選」という本を買ったのですが、

そこでは、30坪とか35坪とかでも小さいお家、と書かれていて、「どんだけぇー」と思いました(笑)

今見るべき新潟の家100選 | |本 | 通販 | Amazon



「小さい」が どれくらいなのか? は地域などにもよるようです? ('◇')


延床26.3坪(86.96m2)って、小さめに感じる人も多いかもですが、都市部のマンションはファミリー層で70m2台、80m2台は普通ですしね

マンションはワンフロアなので、一概に比較するのもアレかもですけど

 

f:id:f-island:20210211200003j:plain

日が当たる、当たらない

週末の休みは、なるべく私たちの土地を見に行っています

建築を始めるのはまだまだ先なので、空き地となっている自身の土地の確認のため


南側にハウスメーカー建売の建築が始まり、隣家の建築具合が気になるのと、散歩ついで('ω')

歩かないと、コロナ禍でもあり運動不足にもなりがちです。。

 

で、
土地を見に行って、面白かったのが、、

f:id:f-island:20210202230658p:plain

1月末 午後2:30頃の、私たちの土地(加工してます)

右が南  左が北

手前が西

 西側道路に面した土地ですが、間口12mはあるので、間口は広めなほうか

上記でわかることとして、
南側の建売(写真右側)の上棟は終わり屋根や壁面もかなり進んでいるので、南隣家から受ける日影具合がリアルになってきた(@_@)

正面に見える東隣家2Fは日が当たっているが、1F(特に1F南側)は南建売の影響で きれいに日影になっていた

 計算すれば出てくる話と思うが、実際に見るとインパクトはある

 

 

f:id:f-island:20210203002025p:plain

赤線が南建売から影響を受けている影のライン

 =南建売の屋根ライン って感じ

赤線より下は、南建売の影響を受け、日影となっている

 これが1月末の午後2:30頃

 

北側斜線制限で2Fの日当たりは確保されるが、1Fの日当たりは厳しいですね

冬の午後2時すぎで、こんなかんじの日影(*_*)

南隣家は南隣家で自身の南を広くとりたいので、北(私たち側)に寄せてくるのはしょうがない

北に寄せてくる = 私たちの土地、東隣家は めいいっぱいの日陰を受ける

 

リビングの日当たりを確保したい、となると

 ①1Fリビングで吹き抜け

 ②2Fリビング

 ③南の離隔を広くとる

  が選択肢としてあるか、、

③南の離隔を広くとる、のは土地が広くないと厳しいのでムズカシイですよね

あとは雨漏りリスク含めて天窓とか

 

私たちの実際の設計は、日当たりや景色や抜け等を考え、最初から2Fリビング希望で設計を進めていただいています

なので上記のような日影でも気にしていないのですが、実際に見ると「へぇ、2Fはホントにセーフなのかぁ」といった感じ

逆を言えば、「1Fは期待できない感じ」といったところか。。

 

もともとエスネルデザインさんは日射を考慮した設計は得意

「パッシブ設計」を考慮して行なってくれるので、お任せしていればOK、と思っています^^

2階建てで2Fリビングって少数派と思いますが、エスネルさんは2Fリビングも得意
実際の完成見学会でも見させてもらい、とても良かったです。なので2Fリビングでお願いしよう、と思ったのもあります

 1F吹き抜けリビングも得意だし隙は無い(*'▽')

 

ほか、エアコンによる全館空調、室内干しの思想なので、干すのに日当たりや場所を気にする必要は無い =自由度が高い

日が当たるから窓を付ければ良いと言う訳でもなく、隣家との目線兼ね合いもある

その辺などなど、様々を考慮して設計して頂いており、図面見ると感心しました^^


土地や地域、建築士さんにより日射のことをどれだけ考慮するかは違うと思いますが、

日が当たる、当たらないは気持ちの問題だけじゃなく、日射取得・日射遮蔽として光熱費にも影響するので、なかなか大事ですよね

 住んでる限り長期にわたり延々と影響するし

窓の話【APW430、330とか】

最近、窓のことを調べたりしています

実家の窓リフォームをしていたこともあり、、

断熱リフォーム ♪【窓 in実家】

 

高断熱、高気密住宅を調べる、を進めていくと窓の話も良く出てくる

窓の話に辿り着くのも良くある話かと

 

YKKAPの窓で高断熱を目指すと、サッシが樹脂の

・トリプルガラスのAPW430

・ペアガラスのAPW330

の選択肢があるが、430は お高い(*_*;

 

参考になったり、面白いな、と思った動画として

www.youtube.com

動画の44:58あたりにまとめが書いてあり、、

6地域だと、性能が高いけど高価なAPW430じゃなくても、APW330でも良さげ

 私たちの神奈川県東部は、「6地域」

高断熱高気密住宅~。。と気にしていくと、430にこだわらないとなのかな、とかも思ったりもしたが、

この動画ではAPW330でも問題なさそう

ちょっと安心^^

 

 

そのほか、神奈川県の有名工務店 あすなろ建築工房さんの動画

社長の自邸を実験住宅とし、アルミサッシのシングルガラスから 樹脂サッシのトリプルガラス、木製サッシなど いろんな窓を実際に設置している

結露についても、種々の窓+ハニカムスクリーンを入れた場合、どれくらい結露するのか計算で出るグラフを用いて説明している

www.youtube.com結露の話も難しくて、
結露は家の傷みやカビだけではなく、除湿になってしまうということ

(空気中の水分が結露となって出てくるので、結露が多いと 冬なのに除湿していることになっちゃう)

**************

窓で大変なのが、準防火などの防火地域になる場合

防火窓にするか、シャッター+通常窓になるのでコストも大きく絡んでくる

私たちの土地は準防火地域に該当するので、この辺が絡んできます(;'∀')

 

土地購入で準防火にかかるコストはしょうがない、との理解はしていたが、

最近 知ったのは防火窓のほうが、窓のU値が悪くなるということ

APW330と、APW330防火の場合、APW330防火のほうが断熱性能は落ちる

それでも上記の動画では、6地域だと330防火でOK的な話なので、これも少し安心した

とはいえ、
断熱性能は落ちるのに値段は高くて、防火窓 いいことないですねぇ(笑)


最近の2020年にはAPW430防火が販売されたが、これはさすがに金額的にキツそう(>_<)

まあここまで こだわらなくても6地域なら大丈夫そうだが、寒冷地だと防火地区の有無でかなり影響受けそう、と思った

 

窓の話は難しかったりもしますね

APW430、330、窓メーカーなどの話のほか、カーテンやロールスクリーン、ハニカムシェードなども加わり、窓自体に関わるお金も膨大

U値とかの細かい数値ばかりに振り回されるのも良くない

設計事務所さんもいろいろ考えてくれており、
建物配置の工夫にて、防火地区だけど延焼ラインにかからない部分を生み出してくれたので、コストや断熱性能等で有利になっています

窓ムズカシス、と思いながら、

最後は設計事務所さんによる、窓だけではない総合的なバランスになると思います

f:id:f-island:20210201010522j:plain