設計事務所と進めるお家づくりは面白い

設計事務所と進めるお家づくりは面白い

新潟の設計事務所とつくる 神奈川の 杉板で小さなおうち

少し重い? 話 「気持ち」や「お日様」など

設計を依頼しているエスネルデザインさんのブログで「!」と思う記事がありました

この記事だけじゃなく、楽しめたり、建築として面白かったり、いろいろ思わせる記事は多いですけど^^


--【記事抜粋】--

僕は、独立して初めての冬にひどく心が落ち込んだ経験がある。

「漠然とした不安」×「雪曇り(長期間日光が浴びられない)」

は新潟人にとって非常に危険だと身をもって感じています。

(新潟の自殺率は全国3~7位を推移)
(男性(特に40~60代)の比率が高い)
(※自殺者数は年々減少してきている)

ウイルスにより命を奪われることと同様に、自殺を防ぐことも重要だと感じている。

冬に長時間日光が浴びられない新潟は特に。

経験上、日光に浴びれば気持ちは上向く。

散歩や買い物などリフレッシュもしやすい。

しかし、雪曇りの新潟の冬はそのどちらも難しくなる。

だからこそ、新潟人はそれを理解することが大切。

もし気持ちが上向かない人がいれば

「気持ちが下がっているのは全部冬のせいだ。」

「一旦深く考えるのを保留して春を待とう。」

と心を整えたい。

僕は冬に気持ちが落ち込んだ際、様々なことを試してもモヤモヤは晴れなかった。

しかし、春になったら自然と気持ちは前を向いてきた。

(この経験はとても大きな勉強になった)

********************

 

私は日本海に住んだことは無いので直接的に体感したことは無いですが、日本海側は冬季の日照がかなり少ないようです

私がお世話になった先輩も言っていました

「転勤の関係で福井県に住んでいたときがあったが、冬は曇りばかりでどんよりした空で気が滅入る」


私たちは長く離島暮らしをしていました

離島の良い面、悪い面、それぞれありますが、

・梅雨時は霧のようになる日も多い =お日様を見ない

・雨が多い島でしたので、梅雨や秋雨、島特有の湿気

  雨が多い =お日様を見ない

 

実際、島の自殺はけっして少ないわけではなく、注意しましょう、的な行政の呼びかけもあります

(正確なことは完全に調べたわけではないですが、こんな感じのことが度々あったかと記憶しています。すべての島にあてはまるわけではないと思います)

今となっては、日照時間の影響も大きいのかな、と思います

お日様は気持ちに影響するようで、うつ病や心の病気、自殺とか注意が必要なのかもしれません

お日様によるメラトニンとか、科学的というか医学的なことも聞いたりもします

 

 

お日様のほか、

離島のような小さい世界では「恥の文化」とか言うやつがあり、、

 

元気だった高齢者が、病気や体調等で動けなくなる

→介護が必要

→自分で今までできていたものが できなくなることは恥

誰かの手を煩わせている=恥 、と捉えてしまうので、最悪は死んだ方がマシ、とか思ってしまうようなこともあるようです

 

死、を考えるまでは極端な話かもですが、何でも自分でできていたのに、人の介助をお願いするのが恥ずかしい、と思ってしまう人もいるようです

こう思うことで気持ちも滅入り、元気がなくなっていく、老け込んでいく

 →心の病気に、、とかも

真面目な人ほど陥りやすいとも思います。。

恥の文化だけではなく、心の病気は真面目な人・責任感の強い人 はなりやすい気もする

悩みを相談するのも恥、とかもあったり、、


あと、離島で気が滅入る原因として、

景色がいつも同じ、とかもあると思っています

 

毎日おんなじ景色の道路で通勤し、変わり映えしない

都市部のように、新しいお店が出来たなどの変化はほとんどない

出勤時間、帰宅時間も同じ毎日が多いとか

 

自身が意識していなくても、同じ風景が刷り込まれることで無意識的に単調さが刷り込まれ、心の病の一因にもなったりしている感も場合によってはあるかと

+1ヶ月とか雨や曇りが続く期間で単調な景色が加わると影響も大きい

 

要は刺激が無い毎日が続くと、意識していなくても気が滅入る原因になりやすいかと

 

でもエスネルさんも言ってるように、

 原因が分かっていると対処しやすい


離島暮らしを終え、本土に戻った際、
本土のお世話になった人に誘われ、お食事をご馳走してもらいました

通りがかりに、花見で有名な公園を通って


当然、桜を見上げるわけですが、

桜ってこんなにキレイなんだ、と思ったのをよく覚えています

というか、それまで仕事忙しく、土木系とか掘削系とか多かったので、下ばっかり見る癖がついていました

桜を見上げたり、空が見えたり、とか、とても驚きました

 ああ、いままでの自分って、ちょっとやばかったかも、とかも思いました


日照時間が少ないことで心の病気にすぐなるわけではないと思いますが、

別の要因で心が落ち込んでる時に、+ 日照時間による悪影響とかが加わると引き金になったりします

いろいろなことで落ち込んでる人に「がんばれ」、と言わず
「頑張らなくていいんだよ」と言ったほうが良い、とかも聞いたりします

でも、当人の心の中は、なかなか他人が理解しきるのは難しかったり。。

 

あまりこういうこと・ネガティブなことは書きたくもない、とも思いますが、

気持ち、っていろいろなことに影響するから大事ですよね('ω')

そして気持ちに影響する「環境」が大事か(@_@)

 

まあ、お日様少ないのもアレですけど、関東圏の晴ればっかりの冬も微妙ですけどね

河川水位が下がって、渇水気味になってきたし。。

 たまには雨降れやぁ、とか正直思います(;'∀')

 何事もほどほどがいいですね^^;

f:id:f-island:20210111233337j:plain